11月25日に「安産へ導くための必要な知識と技術~妊娠期のからだづくり~」研修が開催されました。
講師にはきらら助産院の上田弓子さん、野の花助産所の高橋八重子さんをお迎えしました。
講義では、実際に行われている妊娠期の保健指導や妊産婦さんと関わる際に心掛けていることなどを、お二人のこれまでの助産師人生における貴重な経験談を交えて具体的に話していただきました。
教科書的なエビデンスだけでなく、お二人の経験から得た知識や技術についてもお聞きすることができ、非常の多くのエッセンスが詰まった研修会でした。

参加者からは「複数の方の話が聞けて様々な考え方や方針があることが分かった」、「実践にすぐ活かせそうな内容」、「早速明日からの仕事に活かしていきたい」など、実践的な内容を学ぶことができたとの意見が多くありました。
さらに、「大先輩から技と心をたくさん教えてもらえた」、「先生からエールを送られたように感じ、明日からまた頑張ろうと思えた」、「助産師になって良かったと感じた一日だった」など、参加者自身がエンパワメントされたという意見も非常に多く、全体的な満足度が非常に高い研修となりました。